ZENXIETY

 

We are born with the instinct of survival, and an instinct for searching.
We build our paths following ways and directions we have seen.
We hang on to ropes that we think will lead us to that perfect life or that perfect state of mind, only to find ourselves trapped in Zenxiety, a loop of feeling lost, needy and demanding of peace.
This loop twists our minds and tosses us out of balance.

I don’t feel good right now..!…I don’t have control…!

Maybe I should demand more….. Maybe I should care less….Maybe I should work now…….

The rope starts to burn our hands and we start to suspect that maybe letting go would aid more than just this superficial pain.
Our survival instinct is confused…but our intuition feels strong. 

We let go…to find out the rope was binding us to the mere surface of ourselves, far from our possibilities.
We fall into an infinite universe where theres no gravity, so We float.
The straight line we used to follow transformed into a pool of love and freedom where we can swim free in all directions.

I feel good right now..!…I have freedom…!

Through time and space we shall float in this pool, simply existing.
There will be times when the ropes return to catch us once more.
(the crane blown off lily pad by phantom wind.)
(rusty hanger catches neck of silky dress.)

There can be no guilt in Zenxiety.  Recognize, forgive, and let go.
For the ropes are a mirage, and the pool is always waiting. 

 


 

人は生存と探求の本能を生まれながらに持っている。
面識がある道、方向を辿りながら自己の道を歩む。
ロープにしがみつく。完璧な人生、心境へと辿りつくだろうと確信して。気がつけば、Zenxiety(ゼンアンザイァティ)の中。―不穏の闇から抜け出せない。失望のループ。平和への欲求と要求。
負のループは心を歪める。仕舞いにはバランスが崩れる。

最悪な気分だ..!…理性がきかない…!

もっと要求するべきか….もう気にしないべきか….もっと頑張るべきか…….

ロープにしがみつく手が焼けるようだ。いっそ手放せば手の痛みだけではない、きっと楽になるのではないかという考えが頭を過ぎる。生存の本能が揺らぐ…しかし直観力は研ぎ澄まされる。

手放す…。そして見えた。必死にしがみついていたちっぽけな自分。そして狭めていた可能性。
無限大の宇宙の中へと落ちる。無重力。ふわっと浮かんだ。
直線は愛と自由で溢れるプールと化した。泳ぎたい方へと自由に水を掻く。

最高の気分だ..!..これが自由…!

時と場所をこえてプールに浮かぶ。ただ存在している。
ロープがまた私たちを縛りにくるだろう。
(睡蓮の葉で羽を休める鶴が突然と飛び立つ。風もないのに。)
(柔らかなシルクのドレス。その襟元を錆び付いたハンガーが引っ掛かる。)

Zenxietyに罪悪感は要らない。認識する。許す。そして手放す。
ロープは蜃気楼さ。でもプールはいつでもそこにある。

 

 

main_logo